「健康経営優良法人2018」企業に選ばれました!

先日、A4封筒を片手に夫が「健康経営優良法人企業に選ばれた!」と喜んでいました。

 

 

「健康経営優良法人企業?」何のことかわからず聞いてみると、健康経営優良法人とは―。

 

企業で働く従業員の健康管理を強化し、個人や企業の生産性をアップしましょう。という経済産業省の取り組みのことだとか。

 

確かに企業の成功は一人ひとりの従業員の成果の結果である。とはよく言われることですよね。

 

テレビでは、従業員のハードワークがたたって死亡するニュースも報道されています。

 

忙殺とはよく言ったものですね。あまりの忙しさは心を無くすだけではなく、命まで無くしてしまいかねません。

 

この健康経営というのは、会社の従業員への健康管理はそのような悲しい結果を招かないレベルではなく、会社を一緒に盛り上げてくれている従業員を、心身ともに健康になってもらって人生そのものを楽しいものにして行こう!

という取り組みなのですよね。

 

 

それは会社選びの段階で、自分を大切にしてくれる会社なのかの目安にもなります。

 

会社経営者と従業員との人間関係の指標にもなる目安。

 

会社運営を売り上げのためだけに目が走り、人を大切にするどころかロボットのように使ってしまう経営者は、心にゆとりが無くなってしまっているのです。

 

 

売上げも大切ですが、そのためには数字を横に一度置いて、一緒に働いてくれる従業員の健康が何よりの重要事項で、この部分をまずしっかりと取り組んで、いつも健康で楽しく、仕事やプライベートを充実してくれているのならば、売り上げは常にアップしますよね。

 

だって、心身の健康な人間ならば自然に「働きたい!」って思いますもの。。

 

どこかに不健康な部分があれば、きつくて働くこともままならない。

売り上げを気負うだけに従業員の心身の健康にまで目が行き届かなければ、現場の第一線で働く従業員の仕事の結果も良いはずがないです。

 

だから、まずは「体が資本」なのですよね。

 

 

私は、ひとりビジネスをやっていくわけで、今後従業員になる可能性はあまりないと思いたいです。。

 

でもひとりビジネスをするにあたっても、やはり体が資本。やっぱり不健康だと良い結果は得られません。

 

ひとりビジネスでも従業員でも、人はみんな体の健康が第一なのですよね。

 

私の毎日は、食べもの・運動(ヨガ、ウォーキング、筋トレ)・睡眠を考えた生活をしています。(一応)

 

現在は睡眠が課題。寝る時間がやたらと遅いので昼間眠くなったりしちゃいます…。

 

あとは、好きな街歩きや美術館巡り、音楽を聴いたり歌ったり。など好きなことをすることも健康に良いですよね。

 

「健康」については、本当に日本中が興味ある分野です。

 

長寿社会の興味はやはり”健康”であることなのでしょうか。

 

私はこの20日に「健康経営優良法人」認定式(?)の発表に夫と東京へ行きます!楽しみ。

» プライバシーポリシー
» 運営概要
» 使い方ヘルプ
» 利用規約 (EULA)
» 特定商取引に基づく表示
» お問い合わせ