春の香り。

街を歩いていると、ふんわりと沈丁花の香りがして来た。

 

 

毎年、春の訪れる頃になると、この甘い香りが街のあちらこちらでして来る。

 

『春の香り』

 

香りには、特定のイメージを湧かせる効果があるようだ。

 

沈丁花の香りを嗅ぐと「春の香り」というイメージが頭の中に湧いてくる。

 

「春の香り」というと、もう一つ。

 

 

桜餅。あの和菓子を香りと一緒に食べるとやっぱり春だなあ。と思う。

 

桜餅は香りをいただく和菓子だ。

 

桜餅のあの特有の匂いは桜の葉っぱの香り。

桜の花びらもお茶にしたり塩漬けにしたりと、桜は様々に使われるけれど、匂いは花びらよりも葉っぱの方。

 

桜は、愛でてお茶にして、和菓子にしてと、余すところなく昔から人びとに使われている、日本を代表する美しい樹なのだ。。

 

 

 

ところで、香りは脳に深く影響を与えている、ということを知っていますか?

 

特に記憶の分野に影響を与えることができるので、目には見えない香りのプロデュースが可能なのです。

 

 

たとえば職場環境を、香りでプロデュースして、仕事の能率やコミュニケーションアップを図ってみたり、ショップを香プロデュースでイメージアップをしてみたり。。

 

人も香りで、イメージを変えることができますよね。。

 

 

いつも同じ香りをさせていると、ふとその香りが漂って来た時に、その人が想起され『あの人、今どうしているかなあ』などと思い出されます。

 

 

そういえば先日ふと、とても懐かしい香りが交差点を渡っているときにして来たのです。

 

「あれっ?この匂いなんだっけ」と、その交差点を渡り切ったときに不思議に思い、少しの間私のこのギモンは消えずに頭を悩まし続けていました。。

 

そして、とうとう「ああ!これは小学校のときの、匂いのする消しゴムの香りだ!」と、ヒザを打ちたくなるように記憶を甦らせたのです。

 

何だっけ?という香り。

 

香りには記憶を呼び起こす効果があるのですね。。

 

良い匂いばかりではなく、たとえばタバコの匂い。

タバコというと今は敬遠されます。体にも悪いし、、

 

でも私は、時々そのタバコの匂いをふと嗅いだときに懐かしさを憶えます。

 

私にとって、タバコの匂いは数年前に死んだ父の香りです。

 

だからタバコの匂いがして来ると、父を思い出してとても懐かしい気持ちになります。

 

そのすぐそばで、友人が顔をしかめていたりして。。(笑)

 

仕事で香りを取り入れるのであれば、ショップの売り上げアップに『香プロデュース』は、とても効果的ですね。。

 

» プライバシーポリシー
» 運営概要
» 使い方ヘルプ
» 利用規約 (EULA)
» 特定商取引に基づく表示
» お問い合わせ