とんがりチーム®︎流「働き方改革」を提案する記事3つ

こんにちは(^ ^)

とんがりチーム®︎研究所のAKIです。

ここ3ヶ月ほどで、国民的テーマ「働き方改革」への私なりの提案
を、記事として3本ほど各種メディアに出しました。

読みどころの簡単な解説含めてご紹介しまーす!

 

①報告だけの「ダラダラ会議」を退治せよ!(プレジデント社  PRESIDENT Online)

https://president.jp/articles/-/26255

会議の目的は、大きく3つああります。1つ目は情報共有、2つ目は
意見やアイデアを出し合うこと。3つ目は、意見やアイデアを案と
して検討し、決めること。

でも、これからの時代に独自の価値を生み出して勝ち抜いていく
には、世の中でまだあまり知られていない4つ目の方法があるん
です。日本人にはぴったりの超「ダラダラ会議」!

 

 

②“あ・うん”の呼吸はロジカルシンキングを超えるのか?日米企業の生産性(IT medea #SHIFT)

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1811/05/news018.html

日本とアメリカの大手企業を渡り歩いてきたキャリアを持つ私
が体感した両者の特性の違い。

生産性を考えるときに、この特性を無視して画一的なやり方を
取ることは、あまりにもったいないです。

ということで、日本の誇ってきた”あ・うん”の呼吸が、ロジカル
シンキングを超えられる大胆な仮説を提案した自称「秀作」です(笑)。

 

③「複業」の創造的意味あいを考える~個の働き方、働き場所はマルチハビテーションに(スコラ・コンサルト)

http://www.scholar.co.jp/column/detail.php?id=346

今年の9月から、私はこれまで所属していたスコラ・コンサルト
というコンサル会社から独立して、完全なる個人事業者にシフト
しました。

いま5枚の名刺を持って「自分」というリソースをマネジメント
しながら、やりたいことを思い切りやっています。

その「複業」に込めた私の戦略とは?

» プライバシーポリシー
» 運営概要
» 使い方ヘルプ
» 利用規約 (EULA)
» 特定商取引に基づく表示
» お問い合わせ