社会人にとって読書と言えるのは・・・?

子供の頃を思い出していました・・・
本をたくさん読みなさい・・・とは、よく言われたものでした・・・

なぜ?読書が必要なの?

本嫌いであった私にとっては素朴な疑問となりました。

本のポジションってどこにあるのだろう?

本嫌いの立場というのは、いかにして本を読まずして知識を獲得するか・・・

が勝負なのです!
しかし・・・

私は、本当に本が嫌いなのか?どうなのか?が、わからなくなるときがあります???

部屋に帰ると、読みたくて買った本がたくさん積んであります。

そうですね!

積ん読!ですね!

一体いつになったら読むのやら・・・

だけど・・・

本屋さんに行くと・・・
興味がどんどん湧いてきて、ついつい買ってしまうんです!

それも、まとめて3冊、4冊あたりまえ・・・

そして、家に持ち帰るのですが・・・

買った本の読書意欲は薄れていき、日常の生活に戻っていくのでした・・・

読んでいない本を捨てるわけにもいかず・・・

また、今日も積んでしまったのでした・・・

今度、本屋さんから買って来る時は、1冊で我慢しようと思います・・・

社会人にとって読書するとは難しい事なのかなぁ~~~?CIMG2080

花形政彦

投稿者:花形 仏句

記事のリンク:https://dreamstage01.jp/blogs/713/

ブログの最新記事

» 社会人にとって読書と言えるのは・・・?

≫ ブログ一覧
» プライバシーポリシー
» 運営概要
» 使い方ヘルプ
» 利用規約 (EULA)
» 特定商取引に基づく表示
» お問い合わせ