ペット

我が家は一匹のシーズー犬と一緒に暮らしています。
名前は優太といいます。
結婚と同時に一緒に生活をはじめたシーズー犬(名前:もも)が約7年前に12才で天国へいってしまい、
妻と一緒に悲しみに暮れていたところ、たまたま検索したホームページで”もも”にそっくりな優太に出会いました。

優太を見つけたホームページはボランティア団体の里親募集のホームページ。
そうです、彼は前の飼い主に捨てられた(施設に持ち込まれた)ワンコだったのです。
わたしたちはすぐに里親の申し込みを行いました。
数家族から里親の申し込みがあったようで、家族毎に里親応募の理由、家族構成、生活環境等の質問をうけるための面接をうけました。
我が家の思いが理解され、優太を家族に迎え入れることができました。
里親選びもボランティアの方々も神経をつかわれているようです。
せっかく里親が見つかってもまた捨てられては元も子もありませんからね。

優太を救うというよりは、私たちこそが救われているわけで、日々優太の明るさ、優しさに癒されています。
日本は子供の数よりもペットの数が多いようです。
一方で、心ない飼い主によって施設に持ち込まれ殺処分されてしまうペットも絶えません。
なんとか人間と動物が幸せに共存共栄できる世界になって欲しいと願っています。

11781608_647249305411580_9016145742530967388_n

ノブ

 

» プライバシーポリシー
» 運営概要
» 使い方ヘルプ
» 利用規約 (EULA)
» 特定商取引に基づく表示
» お問い合わせ