First Class(ファースト クラス)First Class(ファースト クラス)

渡辺 俊範

パーソナルコーチ

ライフコーチ

コーポレートコーチ

千葉在住、群馬生まれ。

脳科学という科学をベースとしたパーソナル、コーポレートともに
苫米地式コーチング認定コーチとして、コーチング、講演を行っています。
ラッキーの研究もライフワークです。

元化学研究者というバックグラウンドを持つため、
科学=再現性のある研究結果をベースとするコーチング理論はすんなりと取り入れやすく、
実践することで運をつかんできたことを自負しています。

 

コーチとして、

クライアントさんの笑顔
問題の現実的な解決
幸運な人生に向けてリセット

をMissionと掲げて活動しています。

趣味は、集めることが好きで、

漫画も含めた本(もちろん読みます。)数えたら1000冊超えてました
服(もちろん着ます)
小さいフィギュア(おいておくだけ)
ドライブ
ラーメン探索
撮りためたTV見ること(NHKのドキュメントとか2サス)
などなどありますが、
まだまだ増えそうな気もします。

 

 

バックグラウンドとしては、大学で物理化学(工学)、大学院で合成化学(理学)修了後、
外資系素材メーカーで研究者として勤務し、製品開発、基礎研究、研究テーマ自体を作る
技術マーケティング(情報収集)、チーム運営等を担当しました。

 

小さいころから何かモノを作りたいという欲求から、自然に理系を選択し、その結果、
研究者になったことになりますが、

この欲求=好きなこと、
を職業としていたことに今となって改めて気づき、このゴールは自然に達成されていた
と思うと、感慨深いです。

 

この後、研究から離れることになりましたが、きっかけは、がんを発症したことが一因です。

幸運なことに、現在は後遺症もなく元気に生活できているものの、
これがこれまでの人生を真剣に見直すきっかけとなりました。

 

思い起こせばこの前後の時期は、自分に何が足りないかばかり考え、
何か役に立たないか、気功や投資、自己啓発などの報を取り入れることに
執心してましたが、

縁あってコーチングと出会い、やみくもに情報を取り入れるよりも、本当は何がしたいかが肝心、ということに気づかされ、さらにコーチングを追求しています。

 

会社復帰後しばらくして、細かいところを追求する研究とは真逆な、広範な組織運営も含む研究サポート全般を行う仕事を部署長として担当し、それまで見ていなかった会社組織というものを学べましたが、この畑違いと思える仕事の対応にはコーチング理論が役に立ちました。

 

外資系特有なのでしょうか、数年ごとにリストラのある会社で

親会社がその親会社に統合されたため社内でのポジションがなくなり、

リストラ対象となりましたが、これをきっかけに

転職を考えずにコーチとして独立しました。

 

 

コーチングを通じて、ある種の束縛から解き放たれた感触を持っていて、
まさにその出会いこそが私にとってラッキーでした。

 

何事にも興味のあることには手を出してしまうので、

世の中に情報があふれていることは肌身に感じていて、

それぞれ正しいものもあると思いますが、

それが自分に合っているか否かは、実際触れ合ってみないと判りません。

 

この中で私の出会った、“脳と心“の使い方を学ぶコーチングは
汎用性が高く、自由に“自分のなりたい”を実現しやすいと確信しています。

 

ただ、コーチとして活動して感じることは、知識があっても
実生活へ取り込んで人生楽しんでいる人は、思っているより少ないです。

この点に主眼を置き、コーチングに興味のある方に、
このコーチングとの橋渡しのお手伝いしたいと考え日々生活しています。

 

取得資格としては3つ持っていて

パーソナルコーチ/ライフコーチは個人向け、

コーポレートコーチは団体向けとなります。

通常、パーソナルコーチとライフコーチを区分はしていないのですが、

ライフコーチでは、パーソナルコーチの少し先を見て、

私の知見が役に立つようであればその助言を行うというような立ち位置で

コーチングをすることになります。

» プライバシーポリシー
» 運営概要
» 使い方ヘルプ
» 利用規約 (EULA)
» 特定商取引に基づく表示
» お問い合わせ